モニター付きの祭壇

川崎の葬儀と参列者の人数の決め方

香典袋と念珠

川崎でも選ぶ人が増えてきている葬儀スタイルが、家族葬です。家族葬といえば、数人のみで行う小規模な葬儀をイメージする人もいるでしょう。しかし、家族葬の規模は様々で、5人程度の葬儀から親しい人まで呼ぶことができる30人程度のお通夜やお葬式にまで対応していることが殆どです。参列者が30人を超える場合は、家族葬ではなく一般葬という形になる可能性が高いと考えておくと良いでしょう。

実際に川崎で家族葬を行う際の参列者の人数は、自由に選ぶことができます。ただ、家族のみなど小規模の家族葬を希望していても、想定外の参列者が来る可能性があるのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。そんな場合は「家族葬なので」と伝えることで、参列を断ることが可能です。そのため、川崎で家族葬を選ぶ時には、予定外の参列者がいたらと考え過ぎず、本当に必要な規模の葬儀を選んでおくと良いでしょう。

家族葬と一言でいっても、その規模は様々で、血縁者の人数や生前にお世話になり参列をしてもらいたいと考える人の人数によっても大きく変わります。川崎の葬儀業者に依頼をする際には、どんな規模で葬儀を行いたいかまでしっかりと考えた上で、相談を始めることがおすすめです。

CONTENTS

»More Contents

MENU LIST

TOP